デスパレートな女房たちにはまってしまいました。

心から『デスパレートな恋人たち』にはまってしまいました。

日々こういうDVD観賞が楽しみで早起きしているくらいだ。

近郊の閑静な我が家街角で暮すママらの、あんまり閑静でない家計を描いたアメリカのドラマだ。

その中でもこちらが好きなのはブリー・バンデ・カンプ。

思ってるのは私だけかもしれませんが、呼び名の音響からして女房の凛々しいキャラにぴったりです。

所帯を完璧にこなし、清潔感あふれる知的な見栄え。

一見するといわゆる良妻賢母なのですが、女房の所帯は常にネックだらけだ。

万全すぎる女性に抵抗し仕業の良いとはいえない子供達、秘密のホビーから不倫に滑る旦那、旦那を殺そうとするボーイフレンド、疑問の新旦那・・・。

大きなネックが多すぎるのに、表向きはにっこりと微笑み積み重ねるブリー。とことん澄ましていられるなと、自分がイライラするぐらいだ。

も、そういった凛々しいブリーが好きなんです。

とはいえ、こういう我が家街角に住む妻達はあれこれ妨害続きだ。

そちらお巡りさんに捕まるでしょ、何してるのお巡りさん!

なんて突っ込みたくなる出来事が山ほどでて来る。

こんな出来事も軽々しいことと見えるぐらい、深く、茶目っ気思いっきりな妻達の家計が心からてともカワイイドラマだ。

こちらが見終えたのは時期3までだ。今後の発展を楽しみに少々観賞が続きます!

ソニー提供おうちのデジタル化システム【MANOMA】

Comments are closed.

Categories
Bookmarks